ゆらぎ肌SOSナビ〜繰り返す肌不調の悩みにアンサー!

ゆらぎ肌を立て直す@『セラミドで保湿する』

刺激に対して敏感になり、湿疹など肌トラブルが起こるゆらぎ肌は肌のバリア機能が低下している状態ですから、なるべく早くバリア機能を立て直してあげなくてはなりません。

そのために効果的なのがセラミド保湿です。セラミドという保湿成分を配合した美容液やクリームを使って保湿してください。 なぜセラミドかというとセラミドが肌のバリア機能を構成する細胞間脂質の主成分だからです。

そのため乾燥したり、敏感になっている肌には肌の水分保持力を高めてバリア機能を立て直してくれるセラミドを補給して保湿するのが一番効果的です。

よくある間違いは刺激が怖いからと無添加やオーガニックの化粧品を使って保湿ケアしてしまうことです。これらの成分は刺激がないだけで 肌の機能を立て直すという効果は望めないので使うだけムダです。

乾燥して敏感になっているゆらぎ肌にはセラミドを補給しましょう。

ゆらぎ肌を立て直すA『血行を促進する』

血液は酸素と栄養素を体の各部位へと運んでいます。

それが滞ってしまうことは機能低下の原因になるというのは理解できると思います。肌にとっては新陳代謝を低下させることになるので セラミドや天然保湿成分などの潤い成分を生み出す量が減ってしまい、バリア機能が低下してしまう原因になります。

また、単純に血行が悪い肌は見た目にもくすんでみえるので老けてみえますよね。

血行促進するための方法は身体を温めることが一番です。体を冷やさないようにするのは基本中の基本ですし、 シャワーだけで済ませずにしっかり湯船に浸かりたいところ。

クリームやジェルで顔全体をやさしくマッサージするなんて方法もありますが、 マッサージの摩擦でバリア機能が破壊されてしまうことのほうが多いので止めたほうがいいです。

顔の血行をよくしたいのであれば炭酸水で洗顔するようにしてください。炭酸水には血行促進作用があり、医療用にも利用されているぐらいですから効果は本物です。

ゆらぎ肌を立て直すB『睡眠時間を確保する』

健康でキレイな肌でいるために「十分な睡眠を取る」のが鉄則です。

寝ている間に成長ホルモンが分泌されて肌の再生や修復が行われているというのはご存じだと思いますが、 他にも睡眠をしっかりとることでストレスが緩和されたり、血流にも影響することがわかっています。

睡眠時間が3時間だった時と7時間だった時の肌を比べると7時間睡眠のときの肌のほうが明らかに顔の血流の状態がいいという実験データもあるんですね。 肌トラブルがなんであれとにかく質の良い睡眠を取ることが美肌にとっては何より重要だということです。

睡眠不足の影響は翌朝すぐにもあらわれるものと数か月経ってからあらわれるものがあります。ここ最近、睡眠不足だという人は数か月後にその影響がでてくることがあるということです。 お風呂よりも食事よりも、とにかく寝ることが肌にとっては最優先です。

ゆらぎ肌を立て直すC『運動を習慣にする』

運動をすることで、肌の代謝を上げ、肌の生まれ変わりを促進することができます。

運動することで血行を促進できますし、細胞を活性することができるので肌の状態を常にフレッシュに保つことができるわけです。 肌機能全体の底上げができると思ってもらってもいいかと思います。

また、運動することで同時に筋肉も鍛えられると思いますが、筋肉量が増えれば代謝も良くなりますし、体温も上がるため平常時の血流もよくすることができます。 冷え症だという女性ほど運動してないのは偶然ではありません。

肌トラブルや肌老化などお肌の悩みはスキンケアだけでなんとかしようと思いがちですが、関係ないようにみえて運動することのほうが 肌にとって実はいい影響を与えるケースもあるということはぜひ覚えておいてください。

「お肌の正しいお手入れ」のその他メニュー