ゆらぎ肌SOSナビ〜繰り返す肌不調の悩みにアンサー!

大人のアトピー性皮膚炎の症状は?

「乾燥やかゆみがひどく長引くので皮膚科にいったらアトピーだった。」

ということは実際によくあることです。アトピー性皮膚炎というと子供の皮膚病というイメージがありますが、 花粉症のように大人になってから突然発症したり、子供の頃のものが再発したりするケースがあるんですね。

大人のアトピー性皮膚炎の特徴は、首から上に症状が出やすく、特に顔や目のまわりが赤くなる症状が出る事が多いです。 他にも乾燥、長期的で強いかゆみ、発赤、炎症、湿疹等の症状が見られます。

こうしたアトピーはもともと保有していたアトピー因子がなんらかの刺激によってスイッチが入り、発症してしまうことが多いです。 大人のアトピーの場合はストレスが発症の引き金になってしまうことが多いような気がします。

乳幼児期のアトピーに見られるような花粉やダニ等の特定のアレルゲンに対する反応が見られないことも多いので、 アレルゲンを特定することが難しくなるだけでなく、アレルゲンを除去すれば症状がよくなる分けでもない点がやっかいです。

アトピー治療に使われる外用薬は?

アトピー性皮膚炎は難治性であるために、完全に治すというのは難しく、気にならないレベルで症状を落ち着かせるという方針で治療は進められることが多いです。 悪化と軽快を繰り返すのでなかなかよくなったという実感を持てないのも治療を難しくしている点です。

アトピーの治療ですが、炎症の状態によって使う薬の種類や作用の強さが変わってきます。炎症が強く、痒みがひどい場合などはそれを抑えるためにステロイド剤が使われることもあります。

これまではアトピー性皮膚炎の治療に使う外用薬の判断というのは医師の経験と勘によるところが多かったのですが、最近は血液検査によって 炎症の度合いが数値で測れるようになっているので症状にあわせた適切な強さの外用薬を処方できるようになっています。

ステロイドというと副作用が怖いイメージがあると思いますが、正しく使えば全く問題ないというのが現在のアトピー治療の一般的な見解です。

もちろんステロイドは使いたくないという人のための治療法もあるので、専門的な治療ができる専門医を訪ねることが大切です。

アトピーの症状を悪化させる悪化因子にはどんなものがある?

アトピーの症状は悪化因子に接触することでひどくなります。

悪化因子は人それぞれで何に反応してしまうかは個人差があります。基本的にアトピーの人は食物や植物、動物などに対するアレルギーを持っていることが多く、 そうした悪化因子に接触することでアトピーも悪化することが多いです。

なお、大抵どの人にも共通する悪化因子というものがあり、それがストレスや睡眠不足です。

ストレスは自律神経の働きを悪くして正常な肌の機能が働かなくなります。かゆみを引き起こす神経も過敏に反応します。睡眠不足は肌細胞の修復や成長を妨げます。 こうしたものの積み重ねがアトピーを悪化させる要因になってしまいます。

アトピーの症状を悪化させないためには、まずは個人特有のアレルギー原因を避けることが必要であり、さらにストレスを溜めないこと、十分に休養することが大事です。

アトピー肌のスキンケア方法は?

アトピーの炎症を抑えるためには医薬品を使いますが、炎症が治まった後は保湿重視のお肌のお手入れが必要になります。 スキンケアのやり方で再発防止にもなるのですごく大切なんです。

アトピー肌というのは乾燥肌や敏感肌と同じく肌のバリア機能が低下しているのでセラミド保湿が有効ですし、疑似角層を作るなど肌を保護するケアが有効です。 低刺激処方であることが不可欠なので敏感肌ブランドのクリームを使うのがいいのかな?と思います。

皮膚科でもワセリンやヒルドイドローションやヒルドイドクリームといった保湿剤をもらえるのでそちらを使ってもいいです。 お風呂あがりにはそうした保湿剤をたっぷり使ってお肌を保湿し、保護するように努めましょう。

洗顔やクレンジングなどには人一倍気をつけなければいけませんし、食事や睡眠など生活習慣そのものを見直すことも必要になります。 アトピー因子を持つ以上はいつ再発するかわかりません。再発防止は普段のスキンケアにかかってきます。

「ゆらぎ肌の症状別対処方法」のその他メニュー